環境に良い

トナーを廃棄したりする手間がかかりませんので、利用者本人の煩わしさが無いという面だけではありません。そのトナーをそのまま、あるいはわずかな修理をするだけで使用し続けていくようなカタチになりますので、本当に使う事が困難になった場合でない限り処分する必要性が無いといえます。つまり、ほとんど最初の購入時の状態のまま使用し続けていく事が可能ですので、メーカー側としても処分の煩わしさが無い分、処分のコスト面に関しても大いに助かる面があるといえます。また、この事自体は環境への配慮なども出来るという利点などもあり、そうした面においても大変高い評価がこのサービスにはあります。

また、最近では有機化学合成素材などを使用せずに、環境に安全なリサイクルがしやすくてそのうえ低コストで製造が可能なトナーの開発などもなされ、市場へ出されているような状況になっていますので、今後もこのような開発資源のあり方などが注目をされたりしていくのは間違いがありません。

そのうえ、先程も幾らか触れた、破損をしたりした中身が入ったままのトナーの修理などをも含む再利用などの技術も開発をされたりしていますので、ますますその利便性は環境への配慮を促進していく働きがあるものと考えられます。