品質が向上している

トナーを再利用をしていく事により、その分処分面においてのコストが減る事により、生産面での自然環境からの原材料の採掘などの手間や開発をはじめとしたコストなども同時に減る事になります。このため、自然環境への負担そのものも無くなるうえに、それだけ品質も向上していく可能性も再利用というカタチで出てくるといったメリットなどもあるといえます。これはある面において、環境に良い面に通じるものといえますが、品質そのものも向上をしている証拠であるともいえます。

しかしながら、それでも今のところは再資源利用としてのトナーサービスのあり方というものも、まだまだある程度のコストなどがかかったりする面なども少なくはありませんので、このコストを如何に減少をさせながら可能にしていけるかということが、やはり今後の課題であるといえます。

品質が向上をしていく分なだけに、それなりの超えていかなくてはならないハードルというものが間違いなく存在していますので、その超え方をどのようにして工夫をしていけるかが、インクメーカーやコピー機器類メーカーなどの腕の見せ所であるといえるかもしれません。今後のまさに、大きな課題であるともいえます。